大航海日誌と対戦簿

大航海時代Online・Zephyros鯖の「ハスドルバル」「ラツィオバル」として生きてます。 もう片方、ダーツではダーツライブ&フェニックスで「真田くっしー樹」というカードネームですw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

遅れてきた夏休み

9/18・19・22を年休&代休にして6連休にしてみました。
休出したりなんだかんだで休み取れてなかったしね……

実際取れるかどうかも怪しかったので、予定はなんも立てず。

なので、9/19(金)に去年と同じく東京・上野の国立科学博物館に行って来ました。
黄金の国ジパングとエル・ドラード展です。

事前に音声ガイドはルー語の人(笑)という情報があったし、DOLではインカ実装でタイムリーだし、ねw

ついて、まず昼飯。
科学博物館のレストラン入ってオムハヤシを注文。一日100食限定なのです。
……ちと量すくなかったね、うん。

旨かったのでひとまずよしとして、企画展示室へ。
えーと、結論としては、去年ほどのインパクトがなく。
音声案内はまあ面白かったかな?
ルー語は一切なく、「おぉ、まじめにナレーターに徹してるよw」

DOLがらみで心躍らされる展示は残念ながらありませんでした、はい。
黄金の国・ジパング編は、日本国内の金鉱山から出た鉱石やら、発掘された中では世界最大の金塊だとかについては正直「ふーん、なるほどねー」以上の感慨がなく(汗)
あ、秀吉の「大坂城の黄金の茶室」は「おぉw」と思いました、はいww

エルドラード編では、発掘された金工芸が展示されていました。
結構あっさりした装飾が多いのね。金って時点ですでに派手だよ、というところでしょうか^^;
まあ、興味の問題なんでしょうが、去年のインパクトはなかったな、うん。

科学博物館の常設展示はスルーして、国立博物館へ。
コチラの企画展示は大琳派展でしたが……チケット売り場でご老人が「チケット余ってるんであげるよー」とおっしゃってくださり、いただいちゃいましたw
よかったのか?w

せっかくの厚意でしたのでありがたく頂戴し、コチラは常設展示へ。
雷神・風陣図は確か鎌倉の鶴岡八幡宮の宝物殿で見たと思ったので、ね。

考古学スペースがみたかったのですよ、ええ。それと日本刀。
まずは東洋館から。

いろいろあってなかなか興味深かった。
副葬品の銅剣が展示してあったのですが、見事な造形と、刃についた刃こぼれ痕を見て、想像をめぐらすものがありました。
あ、ガネーシャ坐像もあったw

続けて、本館。
日本刀展示エリアでガラスケース張り付きでみちゃいましたよww
刃紋やら、峰の造形やら。
そのまま心惹かれる展示品の前で立ち止まりつつ、本館を一周。
その勢いで平成館の考古学展示エリアへ。
土器……はあんまり興味ねぇなw
銅鏡の分布だったり、江田船山古墳出土の金象嵌刀が展示されてたり(さすがにレプリカか)。

という感じで、やや駆け足で回ってきました。
ついでに他のところも見てこようかと思ったけど、余力残して帰路へつきました。


オチ、ねぇなw

2008/09/24 追記:
あ、オチ一個あった。
帰りに東京から東海道線に乗ったわけですが。
ボックスシートの向かい側に座った女性が本を開いて1分少々で……
爆睡状態にw
「いやいや、いくら目悪くてもそんなに近くに顔持って行かないでしょ」という体勢になってらっしゃいました。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<やば……買ってしまうか?w | HOME | いろいろとあった週-海事制限解除、模擬、大海戦>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。